高原山の麓から・・・
栃木の太陽と大地の恵みの完熟りんごを・・・
welcome to okamoto-apple.com
小田代ヶ原の草紅葉

秋の連休が始まるというのに販売出来るりんごがありません。
このところ、ずっといい天気が続き、仕事の方も間に合っているので、
またまた出遊びに行くことにしました。今回は、下野新聞で紹介されていた、
小田代ヶ原の草紅葉です。
連休初日で混雑が予想されるので、朝六時に家を出発。

午前7時半、竜頭の滝駐車場に到着。
駐車場に車を止めて、いざ出発。
竜頭の滝は、紅葉にはまだ早く、観光客もちらほら。

滝に沿っての遊歩道を小田代ヶ原に向かいます。






この道は、あまり人気がないらしく人影はまばら。でも登山のトレーニングのつもりで歩きます。

戦場ヶ原が見える場所にやってきました。

正面に、先日登った日光白根山が見えます。
鹿の食害を防ぐために設置されている防止柵の出入り口は手動式の回転ドアになっています。
ところどころに案内板があるので安心。
小田代ヶ原が見えてきました。
この辺が一番きれいなところです。
草紅葉の向こうに貴婦人と呼ばれている白樺の木が見えます。
この日に備えて買った三脚を忘れてしまいました。
望遠で手ブレを心配しながらの撮影で貴婦人をアップにしてみました。
名前の知らない草花がそこここで赤くなり始めています。
白樺の林も…
泉門池(いずみやどいけ)と言います。
ここを経由して、戦場ヶ原に入っていきます。
湯川沿いの道を歩くと、谷地坊主が…
木道の陰に
竜胆の花もひっそりと咲いていました。
那須のエゾリンドウと違って少しおとなしい感じです。
正面に男体山が見えてきました。
そろそろ戦場ヶ原も終点です。
ホザキシモツケの花が残っていました。
竜頭の滝入口の立ち寄り湯に入ってから、お昼を過ぎたころ、帰り道の小休止(こやすど)にある、「のうか」で蕎麦を食べることに…

本当に昔の農家の家を改装してそば屋さんを営業しています。
うちのりんご園にある古屋と同じ作りです。

これは、日光にある「ひしや」さんの練羊羹です。
和気記念館の館長の奥様が虎屋のよりお好きだと書いてあったので、気になって買ってきました。これ一種類だけしか作っていません。1500円です。
甘さが控えめで、素材の味がやさしい、昔ながらの伝統を守っている手作り羊羹といった感じです。
なるほど…
家に帰って、少しのんびりしていたら、外は涙が出るほどの夕焼けでした。
午前中に歩いていた日光の山が赤く染まっていました。
左が男体山、右は女峰山です。
意見 お問い合わせ 
栃木県矢板市中777(岡本林檎園) 
 
TEL/FAX 0287-44-1690 
E-mail masakazu@okamoto-apple.com