尾瀬に行って来ました
8月28日、昨年から始めた山登り。今度登りたい山リストの中に入っているのが尾瀬・燧ヶ岳
でも、その前に、尾瀬沼に行ってみようということになり、猛暑で仕事にならないのを理由に、いそいそと出遊びに…
朝、5時15分に出発。
塩原温泉から尾頭トンネルを抜け檜枝岐村に入り、御池に着いたのが7時40分。
そこからシャトルバスで沼山峠まで約20分。
御池8時発のバスで沼山峠に着き、尾瀬沼までの道を登り始めたのが8時20分でした。

   御池ロッジです。売店や食堂もあります。

   駐車場はがらがら。
シーズン盛りを過ぎると土曜日でもすいているんですね。

  隣にはこんな立派なミュージアムも

   沼山峠のロッジに着きました。
バスの左側に座ると、途中ブナの広大な原生林が見えます。
残念ながら写真を撮りそびれてしまいました。

 
  沼山峠を経て、尾瀬沼へ行く登山道の始まりです。 
 
  途中、オヤマリンドウが…
 
  途中ヤブデマリの赤い実が

ナナカマドの実がついていないのが不思議でしたが、この実は鳥が食べないのかなー? 
   林の向こうに、大江湿原が見えてきました。

 
   いよいよ大江湿原の中に足を踏み入れます。
といっても木道ですが…。
赤く見えるのはニッコウキスゲの残骸でした。

 
小淵沢田代への分岐点です。
ここまで約40分
沼山峠休憩所から2.1キロ
尾瀬沼までは1.1キロです。
 

 少し時期が遅れたワレモコウ

 尾瀬沼が見えてきました。

長蔵小屋の売店に着きました。
なんとビールを売っていました。思わず一本買ってしまいました。初尾瀬ビールです~。
持参したキュウリの漬け物で
きゅーっと!!

 こちらは、宿泊施設のある長蔵小屋です。
天気が良いので布団を干しています。

この写真の左側にビジターセンターがあります。

さぁ、尾瀬沼一周に挑戦です。
  
    沼尻(ぬしり)への道の途中。
木の根が露出していました。その生命力に驚きます。
 
   
 
   沼尻の休憩所です。
いい風が通り抜けていきます。
ここでは、東京から夜行バスで来て、大清水からの大変な道を暗い中登ってきたという女性二人組に出会いました。
見晴の小屋に一泊するとか。
いいなぁ~!!
 
  

 尾瀬沼の南側からは、燧ヶ岳がきれいに見えました。沼面に映る逆さ燧ヶ岳もお楽しみください。

   
 
おまけ
 
   尾瀬沼ヒュッテにはけっこう人がいました。中高年が多いなぁー。
!人のことは言えないけど

 
  尾瀬沼休憩所の前には、自然水の水場がありました。軟らかい水をペットボトルに詰めて帰り道でいただきました。 

 
  
 来年は必ず登ろうっと! 

 
   トリカブトの紫

 
     ウメバチソウ

 
   イワショウブ  かなー?
 
   この葉の赤い木は何だろう?
 

 
 ボーイスカウトに引率された子どもたちがやってきました。今日は山小屋泊まりかな。
いいなぁー!

 
 長蔵小屋を10時に出て、尾瀬沼一周は約2時間ちょっと。
12時20分に、ビジターセンターを出て、雲行きが怪しくなったので、急ぎ沼山峠に
着いたのは13時45分。2時発の御池行きのバスに乗り、車に乗り換えて檜枝岐まで下りて来ると雷が鳴り集中豪雨。滑り込みセーフでした。
意見 お問い合わせ 
栃木県矢板市中777(岡本林檎園) 
 
TEL/FAX 0287-44-1690 
E-mail masakazu@okamoto-apple.com