体験学習の記録
岡本林檎園には、近在の小学校のお子さんたちが、生活科の体験学習のために訪れてくれます。
今年も、11月になると、予定が目白押しです。その日は、園内に子どもたちの声が響き渡ります。
岡本林檎園では、子どもたちにちょっと無理難題を押しつけることがあります。
「小学生になったら、りんごの皮ぐらい自分でむけて当たり前だろー」と、言って皮むき体験をしてもらいます。
(絶対ではないのでご安心を・・・)
それから、「美味しいりんごの見分け方ぐらい覚えてよ!」ということで、食べるりんごは自分たちで見分けてもらいます。
美味しいと思うりんごと、これはまずいと思うりんごを二種類選んで取ってもらうことも・・・。
また、来園の前には必ず園主の私に質問を持ってきてもらいます。(誰も考えられないような質問を用意してきてね!)
ちなみに一番多い質問は「りんごは、なぜ赤いのですか?」ですが、これは学校で調べれば分かることなので、あまり丁寧には答えないことにしています。今までで一番面白かった質問は、なんだと思いますか?
2006年11月16日・・・昨日に引き続き那須塩原市立三島小学校の学習です。
総勢140人+保護者の方が20人以上の大集団。

林檎園のあちこちで、子どもたちの声が響きます。

鳥も今日ばかりは、驚いて、近づいてきません。
2006年11月15日・・・那須塩原市立東小学校の生活科の学習です。
恒例のりんごの皮むきに挑戦!!

もう、伝統行事になっています。
男の子だって負けていません。
りんごの木の下で、緊張の一瞬。
最後はみんなで、はいチーズ!!
2003年 11月7日・曇り
西那須野東小学校総勢90名ほどのりんご狩りでしたが、三クラスを代表して?組の集合写真です。
林檎狩りの後は、園内でお弁当
西那須野東小の林檎狩りは、自分で皮をむくのが課題になっていて、今は岡本りんご園の恒例行事になりました。
横で心配そうに見ているのは、ボランティアで来ていた国際医療福祉大の学生さんです。
2003年 10月9日、快晴、朝はかなりの冷え込み
那須養護学校で、秋の収穫体験に来園してくれました。
2004年 10月27日
今日は、西那須野幼稚園のお子さんたちがりんご狩り。
ちょっと寒かったけれど、園内でお弁当を食べて、りんごを取って・・・
岡本りんご園HOMEへ