高原山の麓から・・・
栃木の太陽と大地の恵みの完熟りんごを・・・
welcome to okamoto-apple.com
田代山・帝釈山に行って来ました
6月26日、一輪摘果が終わり、少しほっとしていますが、四月末の大霜で思った以上に林檎の実にダメージがあり、あまり早く判断できない感じです。
昨年から復活した山登り、ぜひ一度行ってみたいと思っていたのが田代山。
あまり無理せず行けるので、ちょっと息抜きに…。
朝五時に出発。
塩原温泉から尾頭トンネルを抜け南会津町湯ノ花温泉を経て猿倉登山口まで。
登り始めたのが7時半でした。


   猿倉登山口までは砂利道の林道を15キロほど車で。20~30台くらい泊まれる駐車場が

会津高原駅からシャトルバスも出ているようで、この下の駐車場まで来ます。 

   登り始めてすぐに
 熊注意の看板と熊よけの鈴が…

  最後の水場で

軟らかくて美味しい水でした。 

   アジサイに似た花の咲くヤブデマリも咲いていました。


 
  途中、ゴゼンタチバナの花が咲いていました。 
 
  一時間ほどで小田代に到着

日光にも小田代ヶ原というのがありますが、小田代ってどういう意味なんだろうと調べたら、

 小さな「田代」、湿地、湿原という意味があるようです。
 
  小田代から少しの間急な山道を登ったら、急に視界が開けて、山上の草原が見えてきました。
風が抜けて、汗をかいた体に心地良い! 
   さらに行くと、木道の向こうに会津駒ヶ岳が見えてきました。

田代山ならではの光景です。

 
 

 
 さてここからは、小さな花たちの姿をご覧ください。
 イワカガミです。
  
 これはヒメシャクナゲ。 花の下の小さなシャクナゲに似た葉が見えるでしょうか?
  
 チングルマです。木道の脇にいっぱい咲いていました。 
  
 ワタスゲも…  
  
 チングルマの群落の中にタテヤマリンドウが 
  
ベニサラサドウダンも赤い花をつけていました。 
  

 
  湿原の向こうに栃木の山並みが見えます。

 
 

梅雨の合間ですが、思っていた以上に視界が良いので、帝釈山まで足をのばすことに… 

 
 
 帝釈山間での道の途中は、ここにしかないというオサバグサの群落が、斜面一面に…

ひっそりとおとなしい花です。 

 
  最後の登りが結構きつい 

 
  
 やっと山頂です。
ここまで、約3時間半でした。
 
土曜日なので山頂は人がいっぱい。

そして、なぜか虫もいっぱい。

簡単に昼食をとって早々に退散しました。 

 
ここからは帝釈山頂からの絶景をお届けします。 

尾瀬、燧ヶ岳です。ぜひ登りたい山のひとつです。 

 


会津駒ヶ岳です。 

 


女峰山、男体山、太郎山です 

 
  

そしてこれは私の住む
矢板市の象徴「高原山」を
ちょうど反対から望んだところです。
普段見慣れた山の形がちょうど逆になります。

ここからの360度のパノラマに満足して、また田代山に戻ることに…

 


この絶景を見納めに、田代山を後にしました。

ちょうど、午後2時に猿倉登山口到着でした。
帰りは、湯ノ花温泉の公共の湯・弘法の湯(200円)で汗を流しました。
入浴券は近くの民宿で売っていますので、そこに車を置かせてもらって…。
意見 お問い合わせ 
栃木県矢板市中777(岡本林檎園) 
 
TEL/FAX 0287-44-1690 
E-mail masakazu@okamoto-apple.com